本文へジャンプ メニューへジャンプ

教育の特色

ここから本文です
教育の6つの特色

 

1.目標に合わせて学びを設計

学びたい各国や地域の語学、文化・社会に関する講義を選択して履修することができます。研修や留学などプログラムと合わせて能力向上を目指します。一方、全員が現代日本と日本文化に関する基礎教養を身につけ、国際社会で自文化を説明する力を習得できるよう、「日本の社会と文化a-d」を必修としています。留学生にとっては、日本理解の導入となる科目です。

言語 + 文化・社会 + 体験・実践 + キャリア形成

2.長期短期の留学支援

提携大学への交換留学・JEAP留学、語学研修のプログラムにより、世界を体験的に学びます。1・2年次履修の「留学プランニング」等により、準備から留学先での生活を丁寧に指導、留学の成果が最大限に得られるように支援します。「グローバル研修」は、本学の海外提携大学で日本文化について学ぶ、本学の特色あるプログラムです(事前学習として「世界の中の日本」を履修)。

3.複数言語の習得をサポート:英語+日本語+1言語

日本語運用能力を高め、国際共通語としての英語を習得します。さらにそれぞれ専門とする地域の言語の習得を目指します。研修や留学プログラムにより使える言語を身につけることができます。

アジア言語: 中国語・韓国語・マレーインドネシア語
ヨーロッパ言語:  ドイツ語・フランス語・スペイン語・ポルトガル語・ハンガリー語・チェコ語・ポーランド語・スウェーデン語

4.キャリア形成・就職支援

アドバイザーを中心に、1年次から4年次まで学科全体で就職を支援します。特に2年次・3年次のキャリア形成演習を通して社会人としての力を育成します。ITや語学など基礎能力にかかわる検定試験の受験指導を学科で実施します。また、エントリーシートの書き方指導、SPI試験の対策講座、論作文講座を学科独自に実施しています。インターシップなどの実践的プログラムにより実社会を体験することで、自己認識を深め、就職活動への道筋をつけます。ビジネスや経済関係の科目も設置しています。

5.現代的課題に対応できる教員や学芸員の養成

高等学校教諭1種免許(国語・地理歴史・英語)、中学校教諭1種免許(国語・社会・英語)が取得できます。現場実践を多く取り入れ、国際化社会の次世代育成に貢献する教員を育成します。文化の知識を生かす専門職として学芸員資格も取得できます。また、東アジア地域の日本語学習者のための日本語教員を養成します。

6.留学生とともに学ぶ

留学生と日本人学生の双方にとって生きた言語や文化を学べる多文化共生キャンパスクール・ジャパンの秘密を探る学び、発展めざましい東アジアの経済や社会に関する学びは、ビジネス社会で活躍したい留学生にとっても大変有意義と言えます。語学教育センター提供の日本語プログラムも充実しており、日本語教授法を学ぶ学生によるメンター・プログラムや学科学生による会話パートナー制度によって、学習したい時にできる環境、日常会話を楽しめる環境も整っています。

ページトップへ