本文へジャンプ メニューへジャンプ

基礎演習・アドヴァイザー制度

ここから本文です

基礎演習アドヴァイザー制度を設け、学生の学習および生活を支援しています。

基礎演習 I ・II

目的 学生一人ひとりの基礎学力、基礎生活力、基礎研究力の育成
履修年次・単位数
基礎演習 I
: 1年次 2単位(必修)
基礎演習 II
: 2年次 2単位(必修)

● 基礎演習の内容

■基礎能力の育成
  • 大学での学びについて(ノートのとり方、読書の仕方、図書館利用法など)
  • 日本漢字能力検定、TOEIC®のための対策
  • 文章作成トレーニング
  • 実践的プログラムに関する報告会(留学、研修など)
■キャリア形成、就職活動支援
  • 各種検定や資格試験の説明
  • 4年生による就職活動や教育実習の報告会
  • キャリア形成・就職センター職員とのによる講話

アドヴァイザー制度

大学生活をより快適に送れるよう、学科教員がアドヴァイザーとなり、授業や生活など大学生活全般の質問に答えます。履修についてもすぐに相談することができ、健全かつ快適な大学生活を送れるように支援しています。
3年次・4年次は、国際文化演習I、II担当の教員がアドヴァイザーとなり、研究やキャリア形成、就職活動など、多方面にわたり指導にあたります。

また、アドヴァイザーは、各地で行われる父母後援会などの機会に、学生の成績や就職について保護者の方と面談する他、必要に応じて学生生活に関する連絡を取り合うなどして、御家庭と一体となったサポートを心がけています。

● アドヴァイザーの役割

■学生生活の導入支援フレッシュマンセミナー 自己紹介ゲーム
  • 履修や学生生活に関するオリエンテーション
  • フレッシュマンセミナー
    (1泊2日の新入生学外セミナー、時間割作成など)
■学業・学習上の相談、個人面談
■その他、連絡事項の伝達

ページトップへ