本文へジャンプ メニューへジャンプ

学科長メッセージ

ここから本文です

「言語教育」、「日本文化」、「世界の文化」を3本柱に

国際文化学科長 芳賀浩一

国際文化学科は「言語教育」、「日本文化」、「世界の文化」を3本の柱としたカリキュラムをもち、学生の皆さんが語学力と文化的教養をしっかりと身につけられるよう教育を行っています。さらに、海外研修や留学を通して国際人にふさわしい「柔らかい」思考力と行動力を養うことができるよう、様々なプログラムを用意しています。昨年度も学生たちは韓国、中国、台湾、ドイツ、フランス、チェコなど多くの国々を訪れ、異文化を学んできました。  

異文化に接して気が付くことは、自国の文化を知っているようで実はあまり知らない、ということです。少なくとも海外の友人に説明できるだけの知識、経験、語学力をもっていないことが多いのです。ですから国際文化学科は「日本文化」にも力を入れています。自分の文化を持って海外に行けば、学ぶだけではなく伝えることもできるのです。「言語教育」、「日本文化」、「世界の文化」の3本柱は、お互いの文化を伝え合う真の国際交流を行うためにあります。

また、私たち教職員は、学生の皆さんが国際人として社会で生き生きと活躍できるよう就職までしっかりサポートしていきます。学生たちは、一般企業や公務員を目指す人、中学・高校の教員になりたい人、あるいは大学院で研究を続けたい人まで様々な目標をもち、明るく切磋琢磨して学生生活を送っています。学生時代の仲間は一生の宝となります。ぜひ一緒に国際文化学科で世界を学び、自分たちの文化を世界に伝えましょう。

ページトップへ