本文へジャンプ メニューへジャンプ

卒業後の進路

ここから本文です

幅広い教養と柔軟性を活かして、さまざまな進路を選択できます。

卒業後の進路

● 日系企業の海外部門、外資系企業、貿易商社関連業種

海外を取引の相手とする企業や部門では、現地の文化への理解と適応が求められます。また外国語に長けていることも欠かせません。今後、特に、日系企業が多く進出する中国や韓国での活躍が見込まれます。

● 旅行業、空港・航空関連企業、観光関連産業、ホテル業

ボーダレス時代において人の移動は以前より容易かつ活発になっています。観光立国を掲げる日本でも、日本文化に詳しく、外国語能力のある人材は、海外からの旅客・観光客をもてなす役割を担うことができます。

● 小売業

東アジアの経済発展に伴って、これらの地域からの買い物客が増えています。百貨店や電器店などで中国語や韓国語による案内係や電話通訳を導入するところが増えています。

● コンテンツ産業、広告産業、映画産業、マスコミ関係、出版関係

サブカルチャーを初めとして日本文化に対する世界の関心は、非常に高いものがあります。特に、韓国や中国に対しては、マンガや映像など視覚文化の交流が盛んであるため、著作権の保護も含めてマネジメントできる人材が必要とされます。また、国内でもゲームやマンガ、アニメの素材として、日本の歴史や人物などに人気があります。文化の知識が豊富な人材は、そうしたコンテンツを作成する職場での活躍が期待されます。

● 大学院進学

国際文化学科と最も近い人文科学研究科では、すでに複数の博士号取得者を輩出しています。文化人類学、文学、社会学、女性学などの学問をさらに深め、社会に還元できる人材を目指します。

ページトップへ