本文へジャンプ メニューへジャンプ

韓国・中国・欧米文化

ここから本文です

グローバル化時代に学び、異文化の架け橋となる人材に

韓国・中国・欧米文化 西洋美術と日本   国際文化研修(韓国)の様子  韓国・中国・欧米文化 移民研究

日本を含むアジアとアメリカ・ヨーロッパの比較理解、宗教、民族など国家や地域を越えた国際文化理解、さらにはジェンダーやジェネレーションなどの身近な異文化理解を学ぶことができます。こうした学びをとおして、異なった文化背景をもつ人々と共生できる人材、柔軟な発想と行動力を兼ね備えた21世紀のリーダーを育てます。

身につける3つの力

  • アジア(中国や韓国)、ヨーロッパ、アメリカの文化と日本文化を比較・分析する力
  • 英語、韓国語、中国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語などの語学力
  • 国際社会を生きぬくコミュニケーション力

こんな夢に向かって

  • 韓国語を活かす仕事に就きたい
  • 日中の文化交流の懸け橋になりたい
  • アジアで日本語の先生になりたい
  • 英語を使って旅行会社で働きたい
  • 留学経験を活かして社会科の先生になりたい

この情報もチェック!
キャリア形成・進路

カリキュラムの特色

英語+1

第二外国語は、中国語、韓国語、マレーインドネシア語などのアジア言語とドイツ語、フランス語、スペイン語、ハンガリー語、チェコ語、ポーランド語、ポルトガル語などヨーロッパの言語から選択。外国語大学以外で、これほど多彩な言語が学べるのは、JIUだけです。

多彩な海外研修・留学プログラム

学科独自の国際文化研修や留学プログラムを通じて、韓国、中国、台湾、ドイツ、フランス、アメリカ、チェコなどで歴史文化、政治経済、社会事情を実地に学ぶことができます。
ソウル市内の有名私立大や北京外国語大学を含め、世界各地にある姉妹大学への交換留学、私費留学(JEAP)、短期語学留学(サマー・セミナー、ウィンター・セミナー)を実施しています。

主な留学先・研修先

韓国 梨花女子大学(ソウル)、西江大学校(ソウル)、韓国外国語大学校(ソウル)、東西大学校(釜山)、韓南大学校(大田)、建陽大学校(論山)など
中国 北京外国語大学、首都師範大学(北京)、西安外国語大学、天津外国語大学、華南師範大学(広東省)、大連理工大学、大連外国語大学、東北大学(瀋陽)など
台湾 高雄餐旅大学、淡江大学(新北)、台北城市科技大学、真理大学(台北
アメリカ カリフォルニア大学リバーサイド校、カリフォルニア大学ロサンゼルス校、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校など
カナダ カモーソン・カレッジなど
マレーシア トゥンク・アブドゥル・ラーマン大学、マラ工科大学など
インドネシア ペトラ・クリスチャン大学など
スペイン バルセロナ自治大学
ドイツ ケルン大学
ハンガリー ブダペスト商科大学、セント・イシュトバン大学など

履修者の声

上地さん(2012年度生)

上地さん

私は入学後初めて韓国語を習いました。そのため1年の前期は、韓国人留学生とも日本語でしか話ができませんでしたが、留学生との交流は大切にしていました。後期は、留学してきた先輩方に韓国語学習を助けてもらったり、留学についての情報を教えてもらったりしました。2年の前期は、後期からの留学の為にハングル検定の資格取得と語学力向上に力をいれました。留学中は、韓国人の友人達との交流を楽しみながらも韓国語能力試験高級6級取得のため勉学にも励みました。実際に資格も取得し、様々な体験から留学でしか学べない貴重な経験を積むことができました。。

この情報もチェック!
提携大学(国際教育センター)

世界の中の日本・日本の中の世界

たとえば、ヨーロッパ人が絵画の中に描いた日本、アメリカ人が日本を旅行して記した旅日記。あるいは、幕末から明治にかけて横浜や神戸につくられた外国人居留地、欧米の宣教師がもたらしたキリスト教文化。国家や地域の枠組みにとらわれずに、文化を見つめる視座を養います。

履修者の声

吉村さん(2014年度生)

吉村さん

私は高校生の時に中国へ旅行へ行く機会に恵まれました。実際に行って、中国の雰囲気や中国語の発音の美しさに惹かれ、中国語はもちろん中国の歴史や文化について学んでみたいと思いました。それがきっかけでこの大学の中国言語文化コースへ進みました。 しかし、私は今まで中国語を勉強した経験が無く、ゼロからのスタートでした。最初はついていけるか不安でしたが、大学の中国人の先生方が基本のピンインから丁寧に教えて下さり、初めての私でも理解しやすかったです。予習復習が重要で、文法や漢字など初めて習ったところは家に帰ったあとノートに書いて復習し、教科書に添付されているCDを聴いて単語や文の正しい発音を確認して自分の中で印象に残す等をし、勉強しました。そうした積み重ねでゼロからスタートの私でも入学後から約三ヶ月程で、中国語検定の準4級に合格することが出来ました。中国語検定4級にも合格、2年次には中国の北京外国語大学への交換留学を経験しました。留学や経験を通して自分の本当にやりたいことを見つけ出し、身につけた中国語を武器として使うことが出来る仕事に就くことが私の夢です。

多角的な視点と豊かな教養

中国や韓国、ヨーロッパの歴史、文学、社会、政治、経済、経営、メディア、映像文化、ジェンダーなど、バランスよく、総合的に学ぶことできます。その学びを、卒業研究へと発展させたり、社会・地理歴史科教員、博物館学芸員、日本語教員の養成課程に活かしたりすることができます。

履修者の声

藤田さん(2012年度生)

藤田さん

私が、国際文化学科を選んだ理由は、他国の文化・言語・歴史についてのカリキュラムがあること、以前から興味をもっていた日本語教員について学ぶことができる日本語教員養成課程があるところです。

様々な活動の成果が認められ、女性リーダー育成奨励奨学制度に選抜され、約10日間のハンガリー研修に参加させていただきました。ブダペスト商科大学での英語による講義のほか、ハンガリーで活躍される女性たちへのインタビューもあり、準備がたいへんでしたが、自身の将来を描くためにとても参考になりました。

ページトップへ