JIU HOME

平成27年度「実習意見交換会」を開催しました

 3月10日(木)、本学図書館1階オリエンテーションルームを会場に「実習意見交換会」を開催しました。

 実習意見交換会は、実習先である各施設の実習指導者と学部教員が率直な意見を交換し、実習教育(ソーシャルワーク実習、精神保健福祉援助実習、保育実習、介護実習)の向上を目指すものです。

 当日は36の福祉施設や病院、保育所などから44名の実習指導者の方々が参加されました。全体会では、福祉教育センター所長の岩田泉教授から学部教育の趣旨と今年度の実習、国家試験についての報告がされ、次にコースごとの分科会に分かれ意見交換を行いました。

 分科会ではまず始めに学生らによるパワーポイントを用いての実習報告が行われました。障害者の就労や社会的入院の問題、利用者ひとりひとりの人生に合わせた支援とは等、実習を通して得られた問題意識や課題についてグループでまとめ発表しました。その後、実習指導者と学部教員が今年度の実習を振り返りながら成果や今後の課題について活発な意見が交わされました。

全体会分科会
学生による発表(ソーシャルワーク実習)分科会(保育実習)