イベント

保育・教職実践演習の授業における
「子育て支援ルーム」実施報告! その1

 本学の「子育て支援ルーム」とは,就学前のお子さんと子育て中の保護者の方が,ゆったりと楽しく集える場を提供するものです。
 保育士・幼稚園教諭を目指す学生たちの総まとめの専門科目「保育・教職実践演習」で,来年3月に卒業予定の4年生たちが,子育て支援について理解を深めるとともに,実践的なトレーニングの場として実施しています。今回は第1回の報告です。

2016年11月18日(金)午前10:30〜12:00 快晴
初めての実践の日です。9月からグループワークで子育て支援について話し合い,準備を重ねて,今日は第1グループが実践をしました。
この日は,6組15名(お母様6名,お子様9名)が参加されました。

図書館のオリエンテーションルームを「子育て支援ルーム」へと環境を整えます。

今日の流れを最終確認!

受付でお迎え

まずは自由遊び。

3か月の赤ちゃんも来てくれました!

次は,ふれあい遊び「バスにのって」で山に行きましょう。

今度はマラカスづくりです。どんな音が鳴るかな?

魔法のマラカスを鳴らしたら,いろいろな動物が出てきました。
手遊び「パンダ,うさぎ,コアラ」

他のグループの4年生たち。
今日は見学なので実践には参加しませんが,
見ているうちに思わず一緒に手遊び

絵本「ぴょーん」を読みながら,お母さまとお子さんたちも「ぴょーん」

 初めての「子育て支援ルーム」の活動でしたが,4年生たちは皆,懸命に頑張りました。
準備の大切さと「報連相」の重要性を学びました。すぐに本日の実践を振り返り,PDCAサイクルでさらに改善していきます!

次回は,12月2日(金)です。お楽しみに!


イベント一覧 ページへ