イベント

保育・教職実践演習の授業における
「子育て支援ルーム」実施報告! その3

2016年12月16日(金) 午前10:30〜12:00快晴
 「子育て支援ルーム」の3回目を実施いたしました。今日は第3グループが担当しました。本日も近隣の8組20名(お母様8名,お子様12名)が参加されました。

ギリギリまで環境構成:「今日の活動だったらこの向きかな…」

 本日の活動のテーマは「たまご」と「クリスマス」です。自己紹介では、最近お子様が成長したと感じることをお話いただきました。なんでもお姉ちゃんと一緒がいいと真似するようになったこと、弟と一緒に遊べるようになったことなど嬉しそうにお話してくださいました。

親子で「まあるいたまご」
すっかり慣れた子どもたちは好奇心旺盛にかかわります。

子どもたちが「ぺったんぺったん」でツリーを完成させました。

本日のプログラム。「おたのしみ」は何だろう?

みんな大好き「紙のプール」。今日はみんなで雪を降らせます。

サンタさんに名前を呼ばれた時の子どもたちの目の輝き!
サンタさんにプレゼントをもらって、みんなで見送ります。
「また来年も来てねー」

 今日のために担当するグループは時間をかけて「親子で触れ合える活動ってなんだろう」「家庭でもできること、支援ルームだからできることをどんな風に組み合わせたらいいのだろう」と考え、話し合い準備を進めてきました。子どもたちも今日を楽しみにしてくれていたそうです。今日も楽しかったね!次回は、1月13日(金)です。お楽しみに!

<お母さま方からの感想>
・来るたびに子どもたちがお兄さんお姉さんのことが大好きになります。
・家庭ではできない遊びもでき、子どもたちがとても楽しんでいました。
・クリスマスの飾りつけをして、写真撮影してもらえたのが嬉しかったです。
・サンタさんも登場してとても楽しかったです。
・初めてのクリスマスを楽しめました!
・Xmasをもりあげてくれてありがとうございます。壁の手作りのものがかわいいです。
・初めは子どもたちも緊張していたけど、だんだんほぐれて先生たちに抱っこをせがむくらいなついていました。次回で終わりなのがさみしいです。ぜひまた機会があれば参加したいです。

 お母さま方、ありがとうございます。
 学生たちの発達につながり、とても励みになります。今後も頑張ります!
 次回もお待ちしております!


イベント一覧 ページへ