学部の特色

HOME >学部の特色

福祉専門職としての「自分づくり」を実現します。

写真1

学部の特色

社会福祉、子ども福祉、福祉心理、介護福祉の4つのコースから自分の将来に対応したコースを選択します。
各コースには、それぞれ取得すべき国家資格が用意されています。
それらを学び資格取得をめざすことで、各分野で活躍できる専門職としての実践力と総合力を身につけます。
この力をつけるプロセスで将来の「自分づくり」を支援しています。

4つのコースで学ぶ

4つのコースは、福祉の各分野に対応しています。社会福祉コースは福祉の全分野と地域福祉を、子ども福祉コースは子どもの健全育成と保育・養護を、福祉心理コースは精神保健福祉と臨床心理を、そして介護福祉コースは高齢者・障害者福祉と医療を含みます。自分に合ったコース選択で、自分の将来に対応した学びが可能です。


各コースの詳しい説明は下記ページをご参照ください。
 社会福祉コース    福祉心理コース    子ども福祉コース    介護福祉コース

フィールド教育の充実

福祉を学ぶには問題意識が大切です。いま私たちが暮らす社会は幸せな社会なのか、高齢者や子どもにやさしい社会なのか、障害をもつ方々は私たちと同じように暮らすことができているのかなど、こうした問題意識が論理の勉強を深めます。フィールド教育では、福祉施設などの現場体験を通して、この問題意識を育てます。問題意識から、将来、福祉専門職として働くために必要な理論と専門知識を深め、技術を身につけます。また、福祉文化環境研修は、福祉と文化の関係を学習する独自の研修プログラムです。海外研修ではオーストラリアやアメリカ、ノルウェーの福祉を実体験し、日本の福祉と比較することでそれぞれの国の文化的背景や生活環境への理解を深めます。国内研修では岩手県宮古市で地域社会における福祉のあり方を実体験し、その理解を深めます。

4つの国家資格

社会福祉コースには社会福祉士(国家試験受験資格)、子ども福祉コースには保育士(卒業と同時に取得)、福祉心理コースには精神保健福祉士(国家試験受験資格)、介護福祉コースには介護福祉士(国家試験受験資格)、それぞれ4つの国家資格取得に向けたカリキュラムが用意されています。もちろん、資格取得に向けた支援体制として福祉教育センターによるサポート、福祉専門研究や福祉応用研究などの受験学習のための授業、受験講座、合格合宿などの国家試験受験プログラムも充実しています。

幅広く福祉を学ぶ

高齢者・障害者や子どもにやさしい社会の構築は、そこに暮らす人々にとってもやさしい社会となります。そうした意味で福祉は、全ての人にとって必要であり、また大切なものです。一人ひとりがよりよい生活をおくるためには、社会全体の福祉への意識を高める必要があるのです。総合大学の特徴を生かしたコア・カリキュラムは幅広く福祉を捉え、多様な視点から深く考えることで、社会の変化に対応し、社会に働きかけるための総合力を育てます。


めざす分野に合わせたコース選択が可能に!

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

こちらをご覧下さい。