ニュース

2017年度 オープンキャンパスの風景(3) 6月17日(土)

 「卒業生に聞いてみよう!未来のあなたを考える」というテーマで6月17日(土)に東金キャンパスにてオープンキャンパスを開催しました。


 今回のオープンキャンパスでは、福祉総合学科を卒業し、現在は福祉の実践現場で働く卒業生に、仕事の内容や大学時代の思い出について話を聞きました。それぞれが感じている仕事で感じている大変さや喜び、そして現在まで続く大学時代の仲間との強い絆などについて聞くことができました。

大学時代の思い出について話をする瀬戸さん
匝瑳市社会福祉協議会勤務
2013年福祉総合学科福祉心理コース卒業
2015年大学院福祉総合学研究科修了

職場の紹介をする中村さん
福島県大笹生学園勤務
2015年福祉総合学科社会福祉コース卒業

 参加者のみなさんからは、「福祉の仕事内容が具体的にわかった」「憧れの社会福祉協議会の職員の人から話を聞くことで、目標がはっきりした」などの感想をいただきました。
 その他、在学生との交流コーナーでは、実習の感想や一人暮らしのアパート家賃の相場など、熱心に質問している高校生や保護者の方の姿が見られました。
 また、個別面談では、各コースのカリキュラムや卒業後の進路などの質問にお答えしました。

 引き続き7月・8月の福祉総合学科のオープンキャンパスでは、「卒業生に聞いてみよう!未来のあなたを考える」をテーマに、社会で活躍している卒業生をご紹介します。福祉総合学科を卒業して、現在は福祉現場で働いている卒業生に、どのような仕事をしているのか、どのような大学生活を送っていたのかなど、語ってもらいます。
 次回7月22日(土)のオープンキャンパスでは、医療ソーシャルワーカー、精神科ソーシャルワーカー、保育士、公務員(市役所社会福祉課)として働く卒業生が登場します。各コースの体験授業も行います。 ぜひこれからの福祉総合学科オープンキャンパスに足をお運びください!


ニュース一覧 ページへ