本文へジャンプ メニューへジャンプ

教育の特色

ここから本文です

教育の特色

特色

1 「使える英語」を身につける実践的な英語教育

English Cafe 1年次は、英語の「イマージョン教育(英語漬け教育)」で集中的に学習し、必修の授業だけで14単位を履修します。授業は、主に英語のネイティヴスピーカーの教員が担当し、習熟度別のクラスときめ細かな指導で、使える英語、生きた英語を学びます。

学生が英語を使いながら学ぶ機会は数多くあります。Intensive Weekend English では、週末に安房ラーニングセンターに宿泊し、英語を話す場面を実際に体験しながら学ぶことができます。

Global College の授業に参加することで、専門的な内容も「英語で学ぶ」ことができます。

授業のほか、昼休みに気軽に英会話ができる“English Cafe”など、授業で学んだ表現を自然に使いながら覚えられるような場が設けられています。

これまで、4年間で培った英語力を生かして航空・空港関係や国際ホテルなど語学が必要な職場に多くの学生が就職しています。

*留学生は日本語の授業が必修になりますが、英語の授業を履修することもできます。

2 「国際教養」と専門知識でビジネスの基礎力・応用力を培います

基礎から社会に出てから必要になるスキルまで、4年間で国際的なビジネス能力を身につけることをめざしています。

ビジネスコミュニケーションや世界が抱えるさまざまな問題についての知識、異文化理解や文化政策を学びことに重点を置きます。

コンピューターやIT関連の資格、秘書検定・旅行業務取扱管理者の資格取得も奨励しています。

3 Josai Global College

英語で国際教養を学ぶのがJosai Global Collegeの授業です。身につけた英語を使って、日本の現 代文学や伝統文化、世界で注目される日本のアニメ、フランスやアメリカの映画産業について 学ぶこともできます。主に東京キャンパスで開講されています。

4 「使える英語」と第二外国語、実践力に磨きをかける海外体験

留学

写真

毎年、数多くの学生が、アメリカ、カナダなどに半年から約1年留学して、使える英語に磨きをかけています。

1年次にはカリフォルニアで行われる「国際交流研修a(海外)」に参加し、2年次からの留学に向けて英語での生活を体験します。

英語圏のほかに、第二外国語が用いられる国や地域での研修や留学に参加する学生もいます。

国際交流学科では、11言語から第二外国語を選ぶことができます。それを生かして、ポーランドやハンガリー、中国、ドイツなどでの研修に参加することができます(実施地域は年度によって異なります)。留学先として、韓国や台湾、スペイン、ハンガリー、ドイツ、フランスを選ぶ学生もいます。

研修

9月の国際交流研修(海外)はカリフォルニアで実施され、ホームステイや国際交流活動を通して英語での生活を体験します。

海外でのインターンシップ

日本語教育のインターンシップとして、「コミュニケーション・インターンシップ(日本語教授)」が台湾で行われています。また、国際交流基金の助成を受けて、ハンガリーでもインターンシップが行われ、日本語教育と文化交流を実践しています。
2010年度から、本学とカリフォルニア大学リバーサイド校(UCR)、ディズニー・カレッジとの提携により、ディズニー・ワールド・リゾートでのインターンシップが始まりました。

5 国内での研修・インターンシップ・国際交流活動

研修

写真国際交流研修(日本)では、日本にある国連の関連機関や国際協力機関、国際的なNGOを訪問し、職員から講義を受けたり現場を見学したりします。

インターンシップ

これまで国内で、成田・羽田両空港のグランドスタッフや国際ホテルで仕事を体験するインターンシップが実施されました。

学内での国際交流活動

本学科は海外姉妹校からの交換留学生や短期留学生(ノルウェーのオスロ大学、フィリピンのアテネオ・デ・マニラ大学、アメリカのスペルマン・カレッジなど)を毎年多数受け入れています。また、中国の大学との共同教育プログラムで留学している学生も受け入れており、学内で英語と日本語を使って国際交流を実践しています。

6 教員養成

国際交流学科では、教職課程の授業を取ることで、英語(中学校・高等学校) 、社会(中学校)、公民(高等学校) の教員免許を取得することができます。そのほか、児童英語指導員と日本語教員は、所定の授業を履修することで大学独自の修了認定証が得られます。

7 教育研究上の目的等

教育研究上の目的と学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)、教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)、求める人物像(アドミッション・ポリシー)等は下記のページに掲載されています。

ページトップへ