本文へジャンプ メニューへジャンプ

海外留学

ここから本文です

留学制度“JEAP”と交換留学制度で長期留学

4年間で卒業できるJEAPと交換留学

JEAP(Josai (International) Education Abroad Program)は本学独自の留学制度です。各地の海外姉妹大学・提携大学に、休学せずに留学できます。それは、留学先で取得した単位が最大30単位まで本学の単位として認められるからです(留学期間にもよります)。

交換留学は、JEAP留学と同じように、海外姉妹大学・提携大学に留学する制度です。原則として留学先の授業料は免除されます。

■JEAPの特徴

写真
  • 留学先はすべて海外の提携校です
  • 期間は6か月〜1年間
  • 滞在先はホームステイか大学寮
  • 留学中の単位が、卒業に必要な単位として認められます(ただし、単位数には制限があります)
  • 休学の必要はありません

写真

JEAP留学派遣先

  • アメリカ
    カリフォルニア大学リバーサイド校、リーワード・コミュニティ・カレッジ
  • カナダ
    カモーソン・カレッジ、セント・メアリーズ大学
  • フィリピン
    アテネオ・デ・マニラ大学
  • 中国
    首都師範大学、中国伝媒大学、大連外国語大学、天津外国語大学、華南師範大学
  • 韓国
    建陽大学校

※留学先は年度・学期によって異なることがあります。

主な留学期間

  • 1年次3月 〜 2年次の前期末 (約6か月)
  • 2年次9月 〜 2年次3月 (約6か月)
  • 2年次9月 〜 3年次7月(約1年間)

■交換留学

海外提携校への「交換留学生」として、 1年間留学する制度です。

海外提携校への「交換留学生」として、約1年間留学する制度です。交換留学生として派遣されるためには成績優秀で、かつ、交換留学の趣旨に基づいた行動ができるなどの要件を満たすことが必要です。

交換留学生派遣先

  • アメリカ
    スペルマン・カレッジ、ハワイ大学ヒロ校、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校
  • カナダ
    カモーソン・カレッジ
  • スペイン
    バルセロナ自治大学
  • フィリピン
    アテネオ・デ・マニラ大学
  • ノルウェー
    オスロ大学
  • ハンガリー
    ブダペスト商科大学
  • ドイツ
    ケルン大学
  • フランス
    リール・カソリック大学、IESEG(リール・カソリック大学ビジネススクール)
  • フィンランド
    北カレリア応用科学技術大学
  • 中国
    北京外国語大学、中国伝媒大学
  • 台湾
    淡江大学、真理大学、国立高雄餐旅学院
  • 韓国
    梨花女子大学、韓国外国語大学校、西江大学校、東西大学校、建陽大学校、京東大学校、韓南大学校

※必要な語学力は大学によって異なります。
※留学先は年度・学期によって異なることがあります。

写真:スペイン大学 写真:台湾 真理大学

滞在はホームステイか大学の寮です。カリフォルニア大学リバーサイド校(アメリカ)、カモーソン・カレッジ(カナダ)、セント・メアリーズ大学(カナダ)ではホームステイです。それ以外は原則として大学の寮です。

英語を学ぶ・英語で暮らす―アメリカ・カナダへの留学

写真国際交流学科は、これまで多くの学生をJEAPと交換留学制度によって送り出してきました。1年間で20名前後の学生が長期留学で渡航するときもあります。特にアメリカとカナダへの留学が多く、カリフォルニア大学リバーサイド校と、カモーソン・カレッジ(カナダ)、セント・メアリーズ大学(カナダ)は、国際交流学科開設以来、数多くの学生が学んでいます。この三校に留学する場合、滞在はホームステイです。秋にはハロウィーン、冬にはクリスマスをホストファミリーと楽しむこともあります。

近年では、ハワイ大学ヒロ校やリーワード・コミュニティ・カレッジ(ハワイ)、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校にも交換留学で行くことができるようになりました。

交換留学で第二外国語と英語を―ヨーロッパ・アジア各地への留学

これまで、スペインのバルセロナ自治大学、ドイツのケルン大学、ハンガリーのブダペスト商科大学、ノルウェーのオスロ大学、フランスのリール・カソリック大学というヨーロッパ各地の大学に派遣してきました。また、台湾の国立高雄餐旅大学や台北城市科技大学、フィリピンのアテネオ・デ・マニラ大学などアジアの大学に派遣してもいます。このような地域に留学すると、その地域の言語を学びながら、その地域に対する知識と経験を深めていくことができます。大学によっては英語で授業が行われることもあります。

長期留学への第一歩―1年次の海外留学奨励奨学制度

1年次前期には、城西国際大学から奨学金が授与される「海外留学奨励奨学制度」に応募できます。選考ののち、10日程度の海外プログラムに参加し、受け入れ先の大学で国際交流活動を体験し、現地の社会や文化を学びます。これまで、カリフォルニア大学リバーサイド校、リーワード・コミュニティ・カレッジ(ハワイ)、香港城市大学への派遣実績があります(派遣先は年度によって異なります)。

派遣には選考があり、選抜された学生には奨学金が支給されます。選考に当たっては、国際社会のなかで生きる人間の人格形成という建学の精神に基づき、優秀で英語力の大幅な向上が期待できるなど、要件を満たすことが必要です。

1年次の9月には、「国際交流研修(海外)」でカリフォルニア大学リバーサイド校を拠点に行われる研修に参加することもできます。このような短期滞在を経験することで、英語を生活の中で使い、現地の社会と文化を知ることが、その後の学びへの動機付けになります。

充実した「留学環境」―「海外研修+留学」で卒業までに2回以上海外経験

国際交流学科の充実した海外プログラムを利用すれば、4年間でいくつかの地域に留学や研修で訪れることができます。毎年9月には「国際交流研修(海外)」が実施されます。また、8月にはアジア各地のサマープログラムや、アメリカ・カナダなどで開催されるサマーセミナーに参加することも可能です。

  • 1年次 「海外留学奨励奨学制度」で、香港に約10日間派遣
  • 2年次後期 カリフォルニア大学リバーサイド校に6ヶ月間留学
  • 3年次後期 台湾で日本語教育インターンシップ(「コミュニケーション・インターンシップ」)
  • 1年次 「国際交流研修(海外)」でカリフォルニア大学リバーサイド校に滞在
  • 2年次後期〜3年次前期 カモーソン・カレッジに長期留学
  • 4年次 就職活動終了後にサマープログラムやサマーセミナー、ウィンターセミナーに参加

留学後も学びを継続---4年間続く英語教育・Josai Global College

国際交流学科は、1年次前期から実践的な英語を集中して学びます。ここで学んだ英語コミュニケーション力が将来への第一歩となります。

そして、留学後も、English Project Education や Josai Global College の英語による授業で学びを続けることができます。欧米やアジア各地から派遣されてくる交換留学生の会話パートナーになったり、英語メンターとして後輩のサポートをしたりすることもできます。

留学からキャリア形成へ―TOEICスコア向上のモデルケース

1年次から熱心に英語を学び、留学後も継続的に受験した結果、TOEICスコアが向上し、大手旅行代理店などに就職、自分のキャリア形成を実現したケースが数多くあります。

 
1年次前期
留学直後
卒業までのベストスコア
Aさん
400
735
855
Bさん
305
645
710