学部長あいさつ

七井誠一郎 教授

経営情報学部長

七井誠一郎 教授

1989年国際基督教大学(ICU)教養学部社会科学科卒業
1991年国際基督教大学大学院行政学研究科前期課程修了(修士)
1996年国際基督教大学大学院行政学研究科後期課程退学
1994年-97年3月 国際基督教大学社会科学研究所 助手
在学中に外資系企業、電気メーカーなどにて国際マーケティング、国際ビジネス人材養成の研修プログラムを開発、担当。
1997年4月 城西国際大学経営情報学部助手に着任。
講師(現、助教)、准教授を経て2009年4月より経営情報学部教授。2000年入試部長補佐、2004年入試部副部長、2006年に入試部長、2010年に教務部長に着任。
2013年9月−12月 城西国際大学の海外派遣制度により米国ハーバード大学ライシャワー研究所客員研究員。専門は国際経営論。

経営情報学部は確かな仕事ができ、新しいことにも挑戦できる人材の養成を目指します。
 
今、企業や社会が求める人材は大きく変化してきました。多くの企業のトップとお会いすると、異口同音に「依存」と「同質」社員から「自立力」と「個性力」を持った社員に転換しなければ競争力のある商品・サービスを創造できないと話されます。こうしたニーズに応えるべく経営情報学部では知識の量に価値を置く教育から、「考える力」「気づく力」「創り出す力」に価値を置く教育に視点を定め、企業や社会が求める人材を養成します。

経営情報学部の教育のキーワードは「マネジメント力」
  激動する社会は今、様々な局面で、その変化にいかに対応するかについての方法論や知識、発想といった「マネジメント力」が、ますます求められています。
 経営情報学部では、ビジネス領域に加え、公的機関や非営利組織、スポーツ・健康分野、消費生活、情報という様々なマネジメント領域で創造力と実行力豊かなマネジメント力を持って活躍できる人材を養成します。

 教員一同、教育力を磨き学生を育ててまいります。