インターンシップ

国内外の企業研究を通して実践的な知識とスキルを身につけます。

最近のインターンシップ報告はこちらから。

経営情報学部の講義はキャンパス内に留まりません。大学で学んだ知識を社会生活の中でより実践的なものにするために、国内外の企業での実習(必修科目)を行います。
企業の業務内容を肌で理解することができ、視野を広め、コミュニケーション能力も養うことができます。とりわけ海外企業でのインターンシップは、グローバル化が進むビジネス社会を体験できる絶好の機会です。言葉や国籍を超えて交流する素晴らしさをみなさんも体験してみてください。

インターンシップ体験者からの声

「大学で学んだ物流の仕組みを実際に目でみることができた」
「銀行業務については知っているつもりだったが、実際に研修を受けると自分の知識が浅はかだったことに気づかされた」
「家業と関連する企業で実習し、家の仕事に対する見方が変化し、将来目標が明確になった」
…実習に参加した学生たちからも手応えのある感想が寄せられています。

2013年度実施報告/2014年度実施報告

2008年度実施報告

2007年度実施報告(HTML版)

2007年実施報告(Flash版)

2007年度 日本インターンシップ推進協会主催「インターンシップ成果発表会」参加の様子(PDF)

2007年度 千葉県経営者協会主催『インターンシップ事業報告会』に参加の様子


2006年度実施報告(国内)(HTML版)

2006年度実施報告(海外・アメリカ)(HTML版)

2006年度実施報告(国内・海外)(FLASH版)はこちらから・・・


2005年度アメリカインターンシップの様子

2005年度台湾サービスビジネスインターンシップの様子

インターンシップ風景