+

TOPICS

東金シャッターグラフィックプロジェクト開始

メディア学部では、大学が立地している東金市のために地域貢献するプロジエクトを開始しました。東金商工会議所の基本戦略推進委員会の要請を受けて、東金駅西口の商店街の空き店鋪シャッターにペイントするプロジェクトです。空洞化が進む旧道商店街が、少しでも活性化することを願って取り組んでいきます。本学メディア学部の学生35人が積極的に協力することに手を挙げてくれました。このなかには中国伝媒大学からの留学生も参加して国際交流を自ら実践しています。採用された原画はメディア学部4年の實川沙希子さん、田村美紗都さんが「東金の四季」をテーマに考案し、これを約25mの長さのシャッターにペイントします。同じく東金市にある東金商業高校の生徒13人とも連携して制作を進めていきます。5月17日(土)が作業の初日でこの日は白ペンキで下塗り作業を行いました。今後は毎週週末に作業を行い、6月中旬に完成する予定です。

 

東金の四季
實川さん、田村さん作原画「東金の四季」


★ 写真をクリックすると大きく表示されます。