「PRINCE TAKAMADO MEMORIAL SPORTS PARK(高円宮殿下記念スポーツパーク)」が
完成しました



「PRINCE TAKAMADO MEMORIAL SPORTS PARK(高円宮殿下記念スポーツパーク)」が完成しました

メモリアルゲート

クラブハウスの屋上にも観覧席を設置しています

記念試合として、JFAアカデミー福島の女子チームによる紅白試合がおこなわれました
ロンドン五輪主審にも選出された山岸佐知子氏が主審を務めました

 5月22日、本学創立20周年記念事業の一環として、公式試合が可能なサッカーグラウンドを備えたスポーツパークが完成し、竣工式をおこないました。スポーツ振興や国際交流活動に尽力した高円宮殿下(2002年薨去)のご功績を称え、またそのご遺徳を次代に継承すべく「PRINCE TAKAMADO MEMORIAL SPORTS PARK(高円宮殿下記念スポーツパーク)」と命名されました。

 竣工式には、高円宮妃殿下にご臨席賜り、メモリアルゲートの除幕をおこなっていただきました。また、日本サッカー協会の川淵三郎名誉会長など、日本サッカー協会の方々も出席。さらに、記念試合として、東日本大震災で静岡県に避難している福島県の女子高校生からなるJFAアカデミー福島が紅白試合をおこないました。

 同施設は、千葉東金キャンパスに隣接。約33,000平方メートルの広さを持ち、公式試合が可能なサッカーグラウンドとクラブハウスおよび多目的広場(芝生)などの施設を有しています。

 サッカーグラウンドの面積は、約10,750平方メートル。選手など施設使用者の健康管理に配慮し、夏場におけるグラウンドの表面温度上昇を抑えるような人工芝を施しています。また、ナイター設備もあり、ピッチには約300の観覧席を設けています。クラブハウスは、延べ面積約450平方メートル。監督室やミーティングルーム、ロッカールームなどを設けるとともに、屋上に60名収容の観覧席を配置しています。

 同施設は、本学サッカー部が利用するほか、青少年の育成など地域のスポーツ振興に生かしていくとともに、スポーツを通しての国際親善・交流活動の拠点としても活用していく予定です。


城西国際大学創立20周年記念
PRINCE TAKAMADO MEMORIAL SPORTS PARK
竣工にあたって

 高円宮殿下のご功績を称え、またそのご遺徳を次代に継承すべく、本日、平成24年5月22日に城西国際大学東金キャンパスに殿下のお名前を冠した「PRINCE TAKAMADO MEMORIAL SPORTS PARK」(高円宮殿下記念スポーツパーク)を竣工致しました。

 高円宮殿下は、平成14年(2002年)11月21日に47歳で薨去され、今年はちょうど10年目を迎えられます。高円宮殿下は、妃殿下とともに国際交流活動の促進に大いに寄与され、特に国際交流基金でのお仕事を通じて、「人と人の交流を通じた国際交流」を実践されてこられました。

 またご関心の深かったスポーツ振興、音楽、舞踊、環境保全の分野においても、活発な支援活動をおこなわれ、現在殿下のご遺志は妃殿下に受け継がれております。

 平成14年(2002年)、高円宮殿下が名誉総裁を務められた日本サッカー協会は、FIFAワールドカップを日韓共同で開催し、両殿下は皇族として戦後初めて公式に大韓民国をご訪問され、両国の親善に寄与されました。それはまさしく、スポーツを通じた国際交流活動と国際親善であり、人と人との民間の交流の重要性の証となって、そのご功績は忘れられることはありません。

 高円宮殿下は、サッカーの普及が現在ほど進んでおらず、サッカーのプロリーグであるJリーグがスタートする平成5年(1993年)以前より、日本サッカー協会の名誉総裁として、その活動を長年にわたり支援されてこられました。今日のサッカー人気と普及、発展は、殿下の多大なるご貢献の賜物であります。

 城西国際大学は、平成4年(1992年)に人文学部と経営情報学部の2学部2学科からスタートし、現在までに、人文科学、社会科学、自然科学領域からなる8学部9学科を擁する国際総合大学に発展し、地元地域の学術交流、国際交流活動の拠点としての重要な役割を担っています。世界19カ国90大学との学術交流協定を結んでおり、学生の派遣と受け入れ活動を通じて、その国際交流はますます盛んとなるように努めています。本学は高円宮妃殿下が名誉総裁を務められている高円宮記念日韓交流基金に加入し、その活動を通じて、また、高円宮殿下が長年にわたり名誉総裁を務められていた日加協会への加入や、高円宮殿下記念日本・カナダ基金からのご支援をいただき、日本とカナダとの間で進めております「日本・カナダ学術連携フォーラム」での活動を通じて、大変栄誉なことに妃殿下より本学のスポーツ施設の名称に高円宮殿下を記念した「PRINCE TAKAMADO MEMORIAL SPORTS PARK」の名称をご下賜いただけることとなりました。

 高円宮殿下が熱心にご支援をされました日韓ワールドカップ開催から10年が経ち、また殿下が薨去されて同じく10年の月日が流れました。さらに、城西国際大学は、創立20周年を迎え、これまで以上に国際大学として国際交流活動の促進ならびに国際人材の輩出に努めてまいりたいと決意を新たにしております。高円宮殿下のご功績を称え、スポーツを通じた国際交流活動の促進と地域振興の拠点として、「PRINCE TAKAMADO MEMORIAL SPORTS PARK」が地域の皆様に愛されると共に、殿下の素晴らしいご遺徳を次代に継承する場となるようにいたしたく存じます。

 城西国際大学は、創立以来、学校法人城西大学創立者水田三喜男が掲げた建学の精神「学問による人間形成」を礎とし、「国際社会で生きる人間としての人格形成」において、創立者が実践してきた文武両道の実践を特に大切にしてまいりました。各種課外活動も活発で、学内のスポーツ競技の振興のみならず「シニア・ウェルネス大学」をはじめとして、地域の方々の健康増進をさまざまな形で支援しております。

 このたびのスポーツパークの建設にあたりましては、東金市を中心とした地元の皆様方からもご支援と期待をいただいており、スポーツを通じて、小さい子どもからシニアの方々まで、年齢や性別、人種・国籍や文化を超えて集う楽しい交流の場となりますよう力を尽くしてまいりますので、皆様方からのご支援ご協力をお願い申し上げます。

平成24年(2012年)5月22日

学校法人城西大学
理事長  水 田  宗 子


Page Top
  • HOME
  • 大学概要
  • 学部・学科
  • 大学院
  • 留学生別科
  • 研究教育センター
  • 特色ある研究・教育