「東金市少年野球教室」を開催しました



佐藤監督の挨拶

少年野球チームにボールが寄贈されました

田中コーチから守備の基本姿勢を説明

大学生デモストレーション

バッティング練習をする少年

大学生からの指導を受ける球児

全員で集合写真

 1月11日(土)に、本学硬式野球部・浅井病院野球部・東金商工会議所の三者共催による「東金市少年野球教室」が本学水田記念球場で行われました。今年で5回目。東金市近隣の少年野球6チーム約100名の球児が参加しました。

 当日は天候にも恵まれ、本学硬式野球部の田中成明コーチの指導によって、ウオーミングアップから始まり、キャッチボールやバッティング、ピッチング、ベースランニングなどの基本動作を3時間にわたって練習しました。大学生が模範演技を見せながらのきめ細かい指導に球児たちも力いっぱいの動きで応えてました。東金商工会議所の石橋登美雄事務局長からは「青少年育成の場としてふさわしい野球教室となった。野球を通じて地域のスポーツをこれからも盛り上げてほしい」と総括。また本学の佐藤清監督は「毎日の練習の積み重ねが技術向上につながる。今日教わった練習を継続してほしい。今後の皆さんの活躍を楽しみにしている」と今後の活躍に期待を寄せました。



Page Top
  • HOME
  • 大学概要
  • 学部・学科
  • 大学院
  • 留学生別科
  • 研究教育センター
  • 特色ある研究・教育