「第8回さくら祭り&ウォーキングin嶺岡中央林道」を開催しました



社団法人霞会館から寄贈されたソメイヨシノ50本を植樹しました

満開の桜並木をウォーキング

演奏を披露した安房高等学校吹奏楽部の皆さん

曽呂小学校の皆さんによる獅子舞

ハンガリー舞踊を楽しみました

 4月6日(日)、鴨川市内で「第8回さくら祭り&ウォーキングin嶺岡中央林道」を開催しました。

 はじめに、城西国際大学安房キャンパスをスタート地点としてウォーキングをおこないました。JR太海駅や嶺岡中央林道2号線を経由して、学校法人城西大学創立者である水田三喜男の生家(旧水田家住宅)までの12kmの道のりを、嶺岡林道の満開の桜を楽しみながら歩きました。

 その後、生家でさくら祭りを開催しました。桜の苗木の植樹式で、水田宗子理事長は「観光学部は鴨川市の熱い期待を背負っている。この桜の成長とともに、鴨川市も大学も発展するようにしていきたい。」と挨拶しました。
 今年も社団法人霞会館より、新たに寄贈された50本の桜(ソメイヨシノ)の苗木を植樹しました。嶺岡林道全体では683本となりました。

 植樹式に続いて、千葉県立安房高等学校吹奏楽部の演奏、曽呂小学校の皆さんによる獅子舞のほかに、ハンガリー留学生による民族舞踊などの国際色豊かな催しもおこなわれ、盛況のうちに終了しました。

(写真:内山達也 広報部副部長)


The 8th Cherry Blossom Festival

On Sunday April 6th, the 8th Cherry Blossom Festival was held in grounds of the former residence of Josai University Educational Corporation founder Mikio Mizuta. Guests including Mayor Hasegawa of Kamogawa City, as well as visitors and students from China, Taiwan, Vietnam, and Hungary, had an opportunity to take part in the tree planting ceremony, before being treated to musical entertainment by the Awa High School brass band and Hungarian folk dancing. The international atmosphere was complemented by the bilingual master of ceremonies emphasizing the global spread of those in attendance. Before the ceremonies, around 100 local people and students took part in a 12km walking event from JIU Faculty of Tourism to the residence itself. Tired participants were however able to enjoy complementary refreshments, and locally produced food on their arrival. Unfortunately the event was interrupted by rain prior to its end, but this did not dampen the spirits of everyone looking forward to the 9th Cherry Blossom Festival on the occasion of Josai University Educational Corporation's 50th anniversary.

(David Williams, Vice Dean for Public Relations)



Page Top
  • HOME
  • 大学概要
  • 学部・学科
  • 大学院
  • 留学生別科
  • 研究教育センター
  • 特色ある研究・教育