経営情報学部だからこそできる! カリフォルニア州立大学ロングビーチ校留学プログラム


 経営情報学部では、授業の一環としてカリフォルニア州立大学ロングビーチ校(CSULB)へ留学する「グローバルビジネスリーダー育成プログラム」をスタートしました。このプログラムは、経営情報学部生のために準備した特別なプログラムであり、学生たちは、海外で語学・ビジネスを総合的に学び、グローバルな発想や行動力を養っていきます。国際大学だからこそ可能になる、新しいプログラムです。
 9月早々に募集を開始、多数の学生が説明会に参加しました。留学手続き、ビザ申請書類の準備、大使館での面接、出発するまでの手続きは、学生たちにとって初めての体験、海外で勉強するための多くのステップを学びました。


東金キャンパスでの準備説明会(9月26日)

 最終的に42名の学生が第1期生として派遣されることになりました。留学期間は約7週間、英語をレベル別コースで学び、ビジネス・スポーツ関連の特別クラスで専門性を高め、アメリカのビジネスの現場を体験し、外国の地から日本のビジネスを考えていきます。 そして、グローバル人材を目指す学生の勉学意欲を奨励して、経営情報学独自の奨学金が授与されることになりました。
 10月17日(金)、東京紀尾井町キャンパスにおいて、水田宗子理事長より留学派遣学生代表4名に奨学金が授与されました。カリフォルニア州立大学ロングビーチ校での授業料相当額を奨学金として授与した学生を代表して、経営情報学部4年藤本さんが「自己のキャリア形成計画をもって、グローバル人材として必要な能力を身に付けるためにアメリカでの勉学に励み、帰国後もグローバルカレッジにより自己研鑽していきます」と力強い抱負を述べました。



奨学金授与証を授与された代表学生(10月17日)

学生代表として抱負を述べました

 第1期生42名は、10月18日(土)にロサンゼルス空港に向けて出発し、12月8日(月)に帰国します。
 このプログラムによる留学の様子は、経営情報学部ウェブサイトで紹介していきます。



経営情報学部ウェブサイト

グローバルビジネスリーダー育成プログラム (PDF)




Page Top
  • HOME
  • 大学概要
  • 学部・学科
  • 大学院
  • 留学生別科
  • 研究教育センター
  • 特色ある研究・教育