メディア学部クロスメディアコースの学生記者が「特別賞」を受賞しました



千葉日報社の萩原社長より特別賞を受賞しました

本学学生記者を代表してスピーチする島田さん

 9月26日、千葉県内の7大学の学生が、学生記者として千葉日報の紙面づくりに参加する「CHIBA University Press」の閉講式および表彰式が行われました。その中で、本学メディア学部クロスメディアコースの学生たちが取材した記事が、「特別賞」を受賞しました。

 記事では、東金市内に在住する和笛職人の方や、山武地域の郷土料理である太巻き寿司などの話題を「山武郡市に根付く伝統文化にスポット」としてまとめました。地域の伝統文化を受け継ぐ方たちを具体的に取り上げたことが高く評価されました。

 メディア学部の島田さんは「今回、特別賞をいただくことができたのは光栄です。最近は若者のテレビ・ラジオ・新聞などのメディア離れが進んでいると言われていますが、新聞記事を書くという経験をすることで、メディアに対する思いが強くなりました。記事では、取材に行った時の現場の空気を伝えられるようにしました」とスピーチしました。

 メディア学部では企業との連携や、コンテストへの出展などを積極的におこなっており、実践的なスキルを身につける教育を展開しています。

CHIBA University Press 本学学生記事 (PDF) ※千葉日報社より許諾を受け掲載しています
メディア学部Webサイト




Page Top
  • HOME
  • 大学概要
  • 学部・学科
  • 大学院
  • 留学生別科
  • 研究教育センター
  • 特色ある研究・教育