【メディア学部クロスメディアコース】学生作品「Intentions 2」がISCA2016で最優秀作を受賞!



最優秀作を受賞した「Intentions 2」

最優秀作を受賞しました(左から2番目 代表:村上 篤さん)

 メディア学部クロスメディアコースの学生ユニット・メディアデザインラボの制作したメディアアート作品「Intentions 2」がISCA(INTERNATIONAL STUDENTS CREATIVE AWARD)2016の「デジタルコンテンツ部門 最優秀作」を受賞しました。

 ISCAは一般社団法人ナレッジキャピタルが主催する学生のための国際的なクリエイティブアワードで、今年の応募作品総数は国内より58校166作品、海外より29カ国269作品で11月9日(水)、10日(木)の2日間に渡り、受賞作品の上映会、展示会が大阪で行われました。
 本学学生作品の「Intentions 2」は9日(水)の最終プレゼンテーションの結果、最優秀賞を受賞しました。

「Intentions 2」は、幅4m、高さ2mの大型作品で木製の枠と紙製の壁面、羽でできており、すべて手作りで制作したインタラクションメディアアート作品です。デザイン、プログラミングを中心に学ぶ学生たちが「人と自然との新たなインタラクション」をコンセプトに制作し、自然現象の動きをプログラムで制御しており、人の気配に反応し、2100枚の羽が動き出すという、いままでにない感覚を喚起する作品です。
 2015年学生CGコンテストでのナレッジ賞受賞に続き、2つ目の受賞となりました。

 メディア学部クロスメディアコースでは、デザイン、プログラミング、サウンド、映像を専門的に学んだ学生が、メディアアート作品やメディアデザイン作品等多くの作品を制作し、各コンペティションに作品を出展しています。
 インタラクティブデザインを得意とするメディアデザインラボの作品は、この他に学生CGコンテストでのナレッジ賞、スマートイルミネーションアワード(横浜)での最優秀賞など数々の賞を受賞しています。

ISCA2016最優秀作受賞についての詳細はこちらから

メディア学部クロスメディアコース




Page Top
  • HOME
  • 大学概要
  • 学部・学科
  • 大学院
  • 留学生別科
  • 研究教育センター
  • 特色ある研究・教育