学校法人城西大学創立50周年記念 2015年度学位授与式を挙行しました




会場のスポーツ文化センターアリーナ

水田宗子理事長による式辞

柳澤伯夫学長による告辞

卒業生に学位記が授与されました

答辞を述べる高橋真奈実さん

 3月16日(水)、「学校法人城西大学創立50周年記念 2015年度学位記授与式」を千葉東金キャンパス スポーツ文化センターで挙行しました。
 水田宗子理事長は式辞で「大学で学んだときにできた絆や国境を越えた友情、自分を支えてくれた多くの方に感謝の気持ちを持っていただきたいと思います。それがこれからの皆さんの大きな基盤となるでしょう。本学で学んだことを活かして、大きく世界へ向けて羽ばたいて欲しいと思います。そして新たな日本と世界の関係を作るリーダーになってください」と激励しました。
 またご臨席を賜った高円宮妃殿下より「殿下は、異なる文化、異なる国の若者が時間と空間を共有して、たくさんの思い出を作ることの大切さを語っておられました。卒業生の皆さんは、在学中に有形無形のさまざまなことを学習し、数多の思いでを胸に、卒業の良き日を迎えられました。それぞれの選ばれた道を歩み、将来が輝かしいものであることを心よりお祈りします」と祝辞をおくりました。
 卒業生を代表して、看護学部看護学科の髙橋真奈実さんは「看護の専門的な知識・技術だけでなく、グローバルな視点で幅広く勉強できたことも、この城西国際大学だからこそできたものだと思います。4月より私たちは、一人ひとりが別の道を歩んでまいりますが、城西国際大学で学んだ知識、経験を力にして胸に、日々挑戦する意欲を忘れず、向上心を持って歩んで参ります」と答辞を述べました。
 学位記授与式には多数の保護者・ご来賓の方々のご臨席をいただき、卒業生の門出を祝いました。


Page Top
  • HOME
  • 大学概要
  • 学部・学科
  • 大学院
  • 留学生別科
  • 研究教育センター
  • 特色ある研究・教育