2016年度秋季学位記授与式を挙行しました



水田宗子理事長による式辞

柳澤伯夫学長による告辞

祝辞を述べるエリック・ハーツラー氏

祝辞を述べるコリンナ・デル・ビアンコ氏

卒業生が寄せ書きと花束を贈呈しました

答辞を述べる林苗さん

 8月31日、「2016年度秋季学位記授与式(卒業式)」を千葉東金キャンパス 水田記念ホールで挙行しました。
本学では春季の入学式・卒業式に加えて、主に外国人留学生を対象にした秋季の入学式・卒業式を挙行しています。
 水田宗子理事長は、「卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。急速にグローバル化が進展し、その社会へ巣立っていく卒業生の皆さんは、これからは生まれ育った国や文化の違いを乗り越えて、自分の判断力と実践力で人生を築いていかなければなりません。このキャンパスで得た知識や経験、また友情や絆を手掛かりに、どうか希望に満ちた世界をつくることを目標としてください」と式辞を述べました。
 また、ご臨席いただいた、パリ・エスト・クレテイユ大学(フランス)のエリック・ハーツラー氏、ロムアルド・デル・ビアンコ財団(イタリア)のコリンナ・デル・ビアンコ氏からも祝辞をいただきました。
 式典の中で、日頃より学生をご支援いただいている地域の皆様や海外のご来賓に対して、卒業生が寄せ書きと花束を贈呈し、感謝の気持ちを伝えました。
 卒業生を代表して、経営情報学部総合経営学科の林苗(リン・ミョウ)さんが、「かけがいのない多くの経験を通して、人間として大きく成長することができました。また、大学の国際的な文化交流活動にも参加し、多彩な留学生活をおくることができました。私たちをいつも支えて下さった先生方や、ともに励まし合った友人たちに感謝いたします」と答辞を述べました。
 学位記授与式には多数の保護者・ご来賓の方々のご臨席をいただき、卒業生の門出を祝いました。


Page Top
  • HOME
  • 大学概要
  • 学部・学科
  • 大学院
  • 留学生別科
  • 研究教育センター
  • 特色ある研究・教育