城西国際大学主催
「第11回全国高等学校情報科学競技大会」3月20日(日)開催



 2016年3月20日(日)に本学主催の「城西国際大学 第11回全国高等学校情報科学競技大会」を東京紀尾井町キャンパスで開催しました。
 ITパスポート(IP)部門(団体・個人)、システムエンジニア(SE)部門(団体・個人)の各部門に分かれ、25校207名の大勢の高校生のみなさんが情報処理の基礎・応用問題に挑みました。また、試験後は、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)による情報処理技術者試験の概要説明、及び本学学生の発表が行われました。
 今大会の結果は以下の通りです。


【大会結果】

ITパスポート(IP)部門
団体の部

順 位

高 校 名

優 勝

千葉県立一宮商業高等学校

準優勝

千葉県立千葉商業高等学校

第3位

茨城県水戸工業高等学校

 

システムエンジニア(SE)部門
団体の部

順 位

高 校 名

優 勝

千葉県立千葉商業高等学校

準優勝

福島県立福島商業高等学校

第3位

静岡県立沼津商業高等学校




会場の様子

試験後の学生発表

ITパスポート部門優勝

システムエンジニア部門優勝


■大会要項(抜粋)
1.主  催 城西国際大学
2.後  援 株式会社日経BP 他
3.目  的 本大会は、全国の高等学校生の情報科学教育の振興を図り、情報教育の発展に寄与する。
4.日  時 2016年3月20日(日)  午前10時40分開会
5.会  場 城西国際大学 東京紀尾井町キャンパス
6.参加資格 全国の高等学校に在籍する最終学年を除く生徒であること。
試験はITパスポート(IP)部門とシステムエンジニア(SE)部門で行われる。それぞれ団体戦と個人戦に分かれて行われる。
団体戦の参加者は、自動的に個人戦にもエントリーされる。
個人戦、団体戦共にSE部門は、資格保持の有無を問わず参加可能とする。
基本情報技術者、応用情報技術者資格を保持している生徒は「IP」の問題では受けられない(「SE」で受験し、SE 部門にエントリーされる)。
7.参加人数 1校あたりIP、SE部門各5名までとする。
3~5名の場合、チームとして団体戦に登録(各個人は個人戦にも登録)され、団体戦の成績は成績上位3名で評価する。
3名に満たない場合は、各個人が個人戦のみに登録される。
8.出題範囲 ITパスポート(IP)部門:ITパスポートレベル
システムエンジニア(SE)部門:基本情報技術者レベル
9.時間及び出題形式
ITパスポート(IP)部門:65分
システムエンジニア(SE)部門:基礎問題45分、応用問題45分
10.成  績 本学の審査基準に従って審査し、総合得点で決定する。
11.表  彰
(1)学校団体表彰
  優 勝 1団体
  準優勝 1団体
  3 位 1団体
  4位から10位まで各1校
(2)個人表彰
  優 勝 1名
  準優勝 1名
  3位から10位まで各1名
12.参加費  無料
13.大会実施細則
(1)答案作成上の注意
  ・回答はマ-クシートに記入
  ・筆記用具は鉛筆を使用
(2)成績の公表
  ・各部門とも表彰の団体および個人のみ公表
  ・成績については、参加各高等学校に別途通知
14.申し込み方法
(1)参加申込み
・城西国際大学経営情報学部ホームページ(http://www.jiu.ac.jp/management/)の右下にある「情報科学技術大会」からの申込みです。
(2)申込み期間
2016年2月13日(土)から26日(金)
15.その他
大会に関するお問い合わせ
城西国際大学 経営情報学部事務室
TEL : 0475-55-8831 
E-mail : infosci@jiu.ac.jp
Page Top
  • HOME
  • 大学概要
  • 学部・学科
  • 大学院
  • 留学生別科
  • 研究教育センター
  • 特色ある研究・教育