施設紹介 JIU看護学部の設備等の施設のご紹介です。
飯田 加奈恵 招聘教授(学部長)
基礎看護学
- Message -

 「どうなさいましたか」と声をかける勇気と優しさ、けがや病気で苦しんでいる人を何とかしてあげたいと思う素朴な気持ち、そんなあなたの思いを看護の知と技が支えます。
  あなたらしくあたらしく JIUでグローバルナースをめざしましょう。

後藤 武 教授(副学部長)
基礎医学
- Message -

 私たちは、チーム医療の中で患者やその家族と向き合う看護職に、薬学/医学の基礎知識から『看護の科学的感性』のある人材を輩出します。

岩田 浩子 教授(学科長)
成人看護学
- Message -

 看護学部は総合大学の特徴を生かし 社会の医療ニーズに対応し未来にはばた看護職を育成します。成人看護学では大人を対象とした看護について深く探求します。

今井 栄子 客員教授
成人看護学
- Message -

 Dig deep the place where you stand on, you will find your way.
みなさんの周りには、たくさんの友人、教員他がいます。
みんな応援団です。将来に向かって多くの学びを一つ一つ確実にしましょう。

井上 映子 教授
基礎看護学
- Message -

 みなさん一人ひとりのチャレンジが超高齢社会を豊かにすることを願って、老年看護の面白さと奥深さを伝えます。

佐藤 秀次 教授
基礎医学
- Message -

 将来日本における看護職者のますますの権限増大に合わせて、指導的立場に立てる看護職者育成に全力を挙げて取り組みます。

清水 清美 教授
母性看護学
- Message -

 女性の健康と妊娠・出産・育児を女性・男性・新生児(胎児)・家族の視点から学びます。臨床で最低必要な知識や技術の習得から、答えの出ない社会的課題もたくさんありますが、温故知新の精神で取り組んでいきましょう。「対象者の持てる力を引き出す」これが看護のゴールです。また、本科目を通して、自分自身の生・性と生殖を大切にできる人になってほしいと思っています。

宮澤 純子 教授
母性看護学
- Message -

 “大変!でも楽しい!”看護職への道にようこそ。看護学には、学んですぐに役立つ知識・技術もありますが、何年、何十年かけてやっと理解できるようなこともたくさんあります。勉強が嫌いでも一生勉強。その学びのスタートがうまくいくように、応援する気持ちで講義や実習をしています。母性看護学では、妊娠・出産にかかわる支援が中心となりますが、その後の子育てや家族の健康も視野にいれた支援ができるようにと考えています。

大森 直哉 教授
基礎医学
- Message -

 患者様に対して最良の医療を提供できる「薬学」や「医学」、「福祉」の知識を兼ね備えた看護師の育成を目指します。

大野 佳子 教授
地域看護学
在宅・公衆衛生看護学
- Message -

 日々、その瞬間が選択の連続・・・。自分の選択は最善だと信じたい。ここであなたと私が出会ったご縁に感謝!文化の薫り高いこのキャンパスで共に楽しく学びましょう。

和野 千枝子 准教授
成人看護学
- Message -

 体力も知力も一番充実している時期です。何事にもどんどんチャレンジしてみましょう。

鈴木 明子 准教授
地域看護学
在宅・公衆衛生看護学
- Message -

 いとをかし大学生活、学び学び励む4年間
これを見たるは運、入るは縁
新しき伝統を築き、心集ひて看護道を進む

末永 香 准教授
小児看護学
- Message -

  「全世界の子どもの幸せそうな笑顔を見たい!」それが私の小児看護の目指すところです。

坂下 貴子 准教授
基礎看護学
- Message -

 物事を学ぶ過程には、“基礎”、“土台”をしっかり固めていくことが大事です。看護の基礎の一つとして、自分の体・健康・生活を大事に見つめ、自分が生きていくために持っている力の素晴らしさ、そして複雑さ、さらには人が生きていくことの素晴らしさを知り、そこから看護を考えてみませんか。

根本 敬子 准教授
老年看護学
- Message -

 四季織りなすキャンパスで、地域の人たちに支えられながら学ぶ看護の学習、多文化な背景を持つ学生と出会い、様々なことに挑戦し人間としても成長する、そんな4年間を支えます。
いまから ここから 始まる 看護の道
大いに学び、大いに悩み、大いに笑い、共に看護学部の歴史を創っていきましょう。

高柳 千賀子 准教授
老年看護学
- Message -

 高齢社会真っただ中の今、たくさんの高齢者が適切なケアを求めています。一緒に高齢者の健康維持に向けての看護を学んでいきましょう。

佐々木 美喜 准教授
母性・小児看護学
- Message -

 母性看護学では女性の一生に寄り添った支援を行います。これまで主に、妊娠・出産・育児に関連した女性への支援が強調されてきました。しかし、女性のライフスタイルの多様化により、ジェンダーや女性の自己決定・自立など、新たな視点からの支援が必要とされています。女性が望むライフスタイルを実現するためには、どのようにしたらよいか皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

小林 みゆき 准教授
精神看護学
- Message -

精神看護学では、人と人とが関係を築くこと、その人の語りに耳を傾け、人生に寄り添うことを大切にしながら、こころを癒すケアができるようになることを目指しています。

成松 玉委 助教
老年看護学
- Message -

 ナイチンゲールは看護を、「感じたことのない他人の感情の中へ自己を投入する能力を必要とする仕事は他に存在しない」と言っています。看護を決断したあなたの挑戦を全力で支えます。

太田 幸雄 助教
精神看護学
- Message -

 心の健康のみならず、心身相関で、心も身体も健康を回復、維持、向上できるように一緒に学んでいきましょう。

山田 万希子 助教
母性看護学
- Message -

 母性看護学では、女性の生涯を通して「生命の尊さ」や家族への支援を学んでほしいと思っています。看護職になりたいと考えてから、1歩ずつ着実に進んで来られた皆さんが、充実した学生生活を送り、更に成長していけるようサポートしていきたいと考えています。

北田 素子 助教
基礎看護学
- Message -

 本学の看護学部の特色! たくさんありますが、私からは2つあげたいと思います。
1. 入学して間もない時期に全員で看護海外研修にいくこと。
1. 実習棟が充実していること。注射、吸引、経管栄養、フィジカルアセスメントなどのトレーニングができるモデルやシュミレーターが豊富にとり揃えられています。
他大学にはない、JIUだけの看護を一緒に学びましょう!!

松尾 尚美 助教
成人看護学
- Message -

 看護は「人と人」のつながりで成り立っており、看護職としての喜びは人生を豊かにします。それには看護の専門的な知識や実践力、豊かな教養、知性と感性があってこそ。大学時代にたくさんのことにチャレンジして、自分の可能性を磨いていきましょう。

星野 聡子 助教
基礎看護学
- Message -

 看護を学ぶ未来の仲間と、一緒に学び、考え、時間を共有していく中で、自分自身の視野も広げ、少しでも学生の皆さんとの関わりや患者様、ご家族へのケアへつなげていくことができたらと考えています。JIUのキャンパスライフの中で、共に学び、成長していきましょう。学生の皆さんの身近なサポーターになっていけるよう精一杯がんばります。

岡田 由美子 助教
地域看護学
在宅・公衆衛生看護学
- Message -

 Health for All  すべての人々に健康を
地域看護では、病気でないとか弱っていないという概念で健康を捉えずに
その人のより良い状態(well-being)を目指して、すべての人を対象に看護を提供します。
皆さんも私達の輪の中に入り、一緒に学びませんか?

高田 良子 助教
小児看護学
- Message -

 小児看護とは?”難しく考えるのではなく、「子ども達の夢を叶えるには、どうすれば良いのかな?」から一緒に考え学んでみませんか。

飯島 亜樹 助教
母性看護学
- Message -

 看護という同じ志をもつ仲間と過ごす大学生活は、きっと将来の宝物になると思います。
楽しくもあり辛くもある皆さんの宝物が、キラキラ輝けるものになるよう全力でお手伝いしていきたいと思います。
夢に向かって一緒に頑張りましょう。

種 恵理子 助教
地域看護学
在宅・公衆衛生看護学
- Message -

 「まかぬ種子は生えぬと言うが、我等は不幸の種子をまかず、幸福の種子をまくように注意すべきである。」武者小路実篤の名言です。あなたの幸福の種が芽を出し花を咲かせ、豊かに実るよう、微力ながらお手伝いさせていただきます。

笹川 仁美 助手
基礎看護学
- Message -

 「看護ってなんだろう。」この簡単なようで難しい問いを一緒に考えてみませんか。緑溢れる自然の中で感性を磨きながら、充実した日々を過ごしましょう。

志賀 亮太 助手
小児看護学
- Message -

 看護とは、新しい学問です。今も色々な新しい研究がなされています。私たちも頑張って学んでいくので、一緒に学んでいきましょう。

阿部 準子 助手
精神看護学
- Message -

 たとえすぐに何かができなくても、かけるべき言葉が思い浮かばなくても、その人のかたわらにとどまり、誠実に、関心を寄せて臨む。そんな看護もいかがですか?