看護の基本は「人を思いやるこころ」城西国際大学  飯田加奈恵 教授 あなたらしくあたらしく NEW NURSE STYLE

人としての幅と深みを備えた看護師を育てたい。

生まれたばかりの赤ちゃんからご年配の方まで、看護師が向き合わなければならない患者さんはさまざまな年代、さまざまな背景を持った方々です。また、一緒に働く看護師や医師をはじめ、多くの人たちとコミュニケーションをとりながら看護にあたっていかなければなりません。そのために必要なことは、大きく2つあると考えています。1つは、人を思いやるこころ。相手を思いやるこころ、相手に寄せる深い関心が、相手の立場や状況への気づきを生み的確なサポートへとつながっていくのです。たとえば、患者さんが動こうとしたときに、自分ひとりで動きたいと思っているのか、それとも手助けを求めているのか、そこを感じ取る感覚が看護には必要だからです。2つめは、探求するこころ。なぜ、そのような事が起きるのか。どう対処すればよいのか。科学的根拠をもって看護にあたることは、日々進化する医療現場において欠かせないスキルといえます。そのためにも学生自らが“学びたい”“知りたい”と思える環境づくりを大切にしたいと考えています。そういった意味でも、学生の探究心に応えるべく、薬学部や福祉総合学部など他学部との連携による教育には力を入れていきたいと思います。

薬学部 看護学部 福祉総合学部 医療の総合大学へ
育てる人材像 学部連携で専門性を持つ看護師および保健師の育成 / カリキュラムの特色 総合看護学や病院等での実習を充実
学ぶ内容 フィールド教育で専門力を高める / 資格取得支援 国家試験対策プログラムで着実に実力養成
NEXT