施設紹介 JIU看護学部の設備等の施設のご紹介です。

 

 

 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

フレッシュマン“全員”アメリカ研修日記


 8月28日(月)アメリカ研修報告(3)

 2週目に入り、この4年次アメリカ研修が最終学年としてプロの看護師になるための準備として、アメリカの看護教育の現場に入り込んでの研修であることが分かった。グループの研修でありながら、こちらの提携病院では、独りずつに分かれての研修となり、日々分からないなりに医療専門用語の英語に奮闘している。 私は二人でのホームステイだが、ホームステイも独りを希望して滞在してる学生もいて、モチベーションは高いが、さすがに2週目終りでカルチャーショックが大きいのが現状である。毎日、英語に不安を抱えながらもできる限りの準備をして日々の研修に臨んでいる状況である。

 4年次の他の研修と比較して、たぶんストレスも大きいがその分実りも大きいものと感じつつ2週目を終えたところである。

 研修内容:今週は、先週の導入教育に続いて、UCLAでの講義と病院見学、そして提携病院(Aventist Health White Memorial Hospital)でのトレーニングが行われた。英語でマンツーマンで行われるため、この2週目は非常に疲労感を感じている状況である。

 3週目では、救急や終末期医療の現場でのトレーニングやアメリカの医療制度を学んで仕上げとなる。3週目に向けて、一緒にアメリカ研修に来た7名で、この週末はリフレッシュしたいと思っています。

 レポート:林