看護学部の特色

学部連携が可能にする新しい学び。専門性を持つ看護師を育成。

城西国際大学は、8学部を有する総合大学です。看護学分野と密接な関係を持つ薬学部や福祉総合学部のほかに、国際コミュニケーション力を養う国際人文学部や、最先端の観光をめざす観光学部など多彩な学部を擁しています。幅広い学習領域を活かして、看護学部では他学部と連携した特色ある看護教育を展開していきます。

薬学部 看護学部 福祉総合学部 医療の総合大学へ
国際的に活躍できる看護師の育成 / 薬学や福祉に強い看護師の育成 / 地域医療に貢献できる看護師の育成

学部連携により、たとえば服薬の専門知識をもった看護師、治験に強い看護師、福祉の知識をあわせ持ち介護に強い看護師、外国語を身につけ国際的に活躍できる看護師などの育成も可能です。看護の基本として必要な知識や技術に、自分の将来や目標に合ったプラスαの力を養うことで、自らの活躍領域をひろげられる、チャレンジ精神旺盛な看護師を育成していきます。

学部連携が可能にする、あなたの未来。 / 薬学部の学生と共同で、自宅療養における服薬指導のテーマに
                  取り組む福祉総合学部の学生と共同でデイケアセンターにおける看護を研究する成田国際空港を想定した
                  パンデミック(世界規模の流行病)をテーマにプロジェクト活動をする
震災や災害など、緊急時にもチカラを発揮する、これからの医療現場を見据えたスペシャリストを育てる。

本学部ではインターンシップなどの「フィールド教育」を充実させ、その中で様々な専門をめざせるようにします。履修モデルを設けることで、学生がめざす看護師像を明確化。基礎科目では、基礎的な知識や技術を身につけられるよう内容を充実させていきます。また、東日本大震災を受けて、本学部では「災害看護」やこころのケアという部分で「精神看護学」の分野にもチカラを入れていく予定です。さらに、近隣の医療機関と連携し、地域に根ざした高い実践力を身につけられるようにします。もちろん、実習においても薬学部、福祉総合学部、看護学部の3つの学部が協力しあい、「チーム医療」を想定した包括的な学びの実践を行っていきます。

人材育成の3本の柱 / 1フィールド教育 キャリア形成教育 / 2プロジェクト教育 自分で学ぶことを企画立案し実行する / 
                    3資格取得教育 スキルや資格を身につけ、卒業後の職業につなげる