理学療法学科1年生 日本歯科大学で系統解剖の見学実習

 12月13日、理学療法学科1年生は、日本歯科大学生命歯学部解剖学第一講座(佐藤巌教授)で系統解剖の見学実習を行いました。


日本歯科大学生命歯学部に入館

 最初に日本歯科大学の佐藤教授より、医学や医療の学問を勉強している学生が、今回のような解剖学見学実習を受ける場合に要求される意識や姿勢などについて話がありました。


佐藤教授による全体説明

 次に理学療法士のユニフォーム(ケーシー)に着替えた後、現地で合流した首都大学東京大学院の易勤教授から、系統解剖を勉強するために作成されたDVDを用いて、上肢や脳などの構造について説明を受けました。


易教授による上肢や脳などの構造の説明

 そして、 6~8人のグループに分かれて、実際に系統解剖の見学実習を行いました。ここでは、まだ1年生であり解剖学に関して勉強中ということもあって、知識の面で不足していることを実感しました。しかし、教科書や参考書では絶対にわからない人体構造の三次元的な理解や、個人によって構造に違いがあることなどを体験することができました。
 最後に、佐藤教授と易教授から総評があり、今回の経験を今後の勉強に生かすとともに,後輩にもつなげて行くようにアドバイスがありました。また、来年度も系統解剖学の見学実習を引き受けていただけることになりました。


佐藤教授の総評