研修・インターンシップ

HOME > 研修・インターンシップ >  観光実務基礎

観光実務基礎

観光の実務を現場で学ぶ

1年次の必修科目で、一定の条件に基づき、「実務研修」を単位として認定


科目のねらい

1年次から「実務研修」をとおして観光関連産業の実務を経験し、業務の目的、内容、観光業界の動きや観光サービスの基礎などを学び、学生のキャリア形成と進路選択につなげます。

太海プロジェクト
テーマパークで実務研修をする学生


学習の条件

この科目は次のような条件で単位を認定しています。

  • JIUの「指定事業所」(鴨川市内等のテーマパーク、ホテル・旅館、観光土産物店、道の駅、行政など)において、年間30時間の「実務研修」を行う。
  • 「講義」は通年で45時間(30回)とし、2/3以上出席する。

成績評価の方法

アドミッション・ポリシーー
ホテルで実務研修をする学生

成績評価は「実務研修」「講義」(出席、実務研修基礎講義、研修発表等)ならびに「レポート試験」を総合して行います。なお、「実務研修」の成績評価には、指定事業所による学生のアルバイト研修の評価を加味します。

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME