トピックス一覧

HOME > トピックス一覧 > 学生の声 > 2017留学体験記 > 里見・マレーシア 01

トピックス

留学の始まりと大学の授業

 こんにちは、観光学部2年の里見美佳です。
 私は、今ASEAN Young Women Leadership Program に参加しています。この留学プログラムは、ASEAN6か国の中から2か国の大学を選び、約半年間ごとに留学先を変えて計1年間留学する交換留学プログラムです。また、JASSOからの奨学金を受けています。
 私は、マレーシアとベトナムの大学に留学することになりました。現在は、1か国目であるマレーシアのマネジメント科学大学(Management & Science University)に留学しています。大学の寮では、同じくマレーシアとベトナムに留学する日本人学生2人と共に暮らしています。
 マレーシアに来て3日目で早速授業が始まりました。授業はもちろんすべて英語で行われるので、まだ聞き取ることだけで必死な状態ですが、毎日勉強して英語力を上げていきたいと思います。私が受けている授業では、教師が話している時間よりも学生同士で話し合う時間のほうが長く、まずそこに驚きました。グループに分かれ話し合い、それを発表するという授業が多いのです。そのため、現地の学生とコミュニケーションをとる機会が多く、その際に英語を話さなくてはならないので、実際の会話の中で英語を学ぶことができて嬉しいです。
 また、学外に出て活動をする授業も多く、マレーシアの様々な場所を知ることができ、充実しています。4月の上旬にはクアラルンプールに行き、ツアーガイドの案内で観光地や遺跡巡りを行いました。観光学の視点からも学べることが多く、毎日の授業からとてもいい経験をしています。
 今後も、意義ある留学生活にするため励んでいこうと思います。


留学体験記
授業中のグループディスカッションの様子


留学体験記
クアラルンプールの景色


留学体験記
観光名所の「I LOVE KL」で撮った集合写真


留学体験記vol.6:トリップとマレーシア留学の終わり
留学体験記vol.5:バトゥケイブとヘナアート
留学体験記vol.4:日本文化の共有と親交の深まり
留学体験記vol.3:ラマダンと異文化の体験
留学体験記vol.2:マラッカツアーと異なる感覚
留学体験記vol.1:留学の始まりと大学の授業
indexに戻る

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME