横浜美術館では、城西国際大学メディア学部と連携し、この度横浜美術館コレクション展にて、iPod touchを使った音声ガイドをはじめます。
今回は、そのトライアルとして2月24日(火)と28日(土)の両日、展示室1「特別展示:片岡球子」にてお試しいただけます。 画面にタッチして片岡球子の生涯についてや作品についての解説をお聞きいただけます。指による操作から生み出される声との出会いです。耳からの情報と眼からの鑑賞が重なって新しい作品の見方ができるかもしれません。みなさまに、片岡球子の世界をより身近に感じていただくために、ぜひ音声ガイドiPod touchをお試しください。

なお、音声ガイドのナレーションを担当するのは、城西国際大学の学生です。城西国際大学は横浜美術館との連携事業として2006年度よりコレクション展や企画展のwebページやPodcast、告知映像などのコンテンツを制作してきました。これまではWebやPodcastで視聴いただいていた解説ですが、今回は、美術館にいらしたお客様に直接、コレクション展の音声ガイドを、iPod touchを使った新しい感覚のガイドとして提供いたします。
ぜひ、この感覚を体験してください。

  • 主催:横浜美術館/城西国際大学メディア学部